お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

女傳の歴史

 

 

女傳の歴史は約百六二年前にさかのぼります。嘉永三年、西暦 1850年、初代傳右ェ門が、小鯛、あじ、みぎす、さわら、かます、たら、等、富山城下の市場にあふれる富山湾から水揚げされた魚、この魚を使った蒲鉾製造を思い立ち、時の富山城主 前田利友公に献上せしに(其の美味卓絶なるを賞せられ・・・・・・)爾来屋号を女傳と定めました。そして二代目傳右ェ門改め初代傳一郎が北海道(北前舟)の昆布を移入し、現在富山の名産として名高い(昆布巻き蒲鉾)を創作。私たち(女傳)は、この初代傳一郎の志を引き継ぎ美味しい蒲鉾つくりに日々精進を重ねております。富山湾を目前に有する地の利が豊かな味わいを、そして伝承の技が独特食感を作り出します。この富山を代表する女傳の蒲鉾、どうぞこれを機会に末永く御愛食くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

             六代目女傳主敬白  

カスタマーレビュー

人気商品です!

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20178
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日    定休日    イベント